適切な外壁リフォームのために

住まいを守る外壁。

その機能は「遮断」することです。
直射日光や強風、雨など厳しい自然環境から私たちの身を守るため、外敵の侵入を防ぐために外壁は存在します。

 

材料としては石、漆喰、木材、れんが、コンクリートなど様々な材料が壁の材料として使われてきました。

私たちの住まいでは壁に塗装をし装飾してあることが一般的です。
壁に施された塗装は、新築時はきれいですが年数が経ってくるにつれてその機能は低下してしまいます。


再度塗装をして機能を回復させることがお住まいを永く丈夫に保つ秘訣です。住宅塗装

では塗り替えのポイントはどのようなものがあるのでしょうか?

自分でできるお住まいのチェックポイントとして、外壁や外装にこんな症状はありませんか?

 

  ・触ると白い粉が手につく
  ・表面に細かいヒビが出ている
  ・塗装面に膨らみが出てきた
  ・艶がなくくすんできた
  ・塗膜が剥がれてきた
  ・目地を埋めるコーキングが割れてきた
  ・藻やコケが多く生えてきた

 

これらのサインは塗装面の塗料の機能が低下していることを指しています。

もし該当する項目があったら、一度塗装工事を検討しておくことが大切です。

このサイトでは塗装工事を始める前に知っておきたいポイントをご紹介しています。
一度塗装工事を行うと次に塗り替えるまでにかなりの時間を要します。


塗装工事の成功のためにこのサイトがお役にたてると幸いです。


また、このサイトでは、上記ようなサインがある方に外壁塗装センターという会社をご紹介しています。
豊富な施工実績と丁寧な現場調査で顧客に本当に必要な工事を提案してくれるでしょう。